アートマルシェ|レストラン|地産地消|高崎|群馬

お料理

素材

群馬の美味しいものを群馬から発信!群馬県の農産物は非常に高品質なものがたくさんあります。ところが都内のレストランなどで使われ、有名になってから群馬県内のレストランで使われます。私たちアート マルシェ チーム アル・ケッチァーノは群馬県の素材にこだわり、その美味しさをまず群馬県内の皆様に知って頂き、群馬県民が他県の方々に群馬の美味しい農産物を誇って頂きたいと考え使っております。

こだわり① ぎんひかり

海なし県の群馬県ですが、山に囲まれ、その雪解け水は首都圏の水がめとして、命を育んでいます。そんな群馬県だからこそ出来るブランド。それが冷たい雪解け水で育てられた虹鱒『きんひかり』です。身がしまっていて脂ののり具合も丁度よい、希少性の高い『ぎんひかり』をマリネやふっくらとオーブン焼きにして、その旨味を味わって頂けます。徳川幕府最大の脅威・真田家が治めた沼田で育てられた、真田六文銭『ぎんひかり』です。

こだわり② はもん・みなかみ

本場スペインの生ハムより美味しいと評判の水上・育風堂精肉店産の生ハム『はもん・みなかみ』。上州麦豚を12ヵ月熟成させて作った生ハムは脂身にくせがなく、口の中で旨みがジュワッと広がります。霊峰・谷川岳の寒風が育んだ群馬の生ハムです。

こだわり③ 日本一安全な豚肉

小麦の一大産地として名をはせる群馬県は古くから豚の飼料としても小麦を用いていました。そのため群馬の豚肉は非常に肉の味が良く『群馬に行ったらトンカツを食え』という格言が残せるほど有名です。そして群馬が全国に誇れる豚肉が江原ハーブ豚・未来です。抗生物質、抗菌剤不要。非遺伝子組換飼料。JAS認定。その3つの条件を満たしているのが日本で唯一、高崎市上滝町の江原養豚さんです。脂にくせがなく、自然な味わいをお楽しみ頂ける三元豚です。